ゴスペル よい知らせ キリストをあなたに @31church.net
    話の泉

〈27〉
時を生かして用いよ、今は悪い時代だから

聖書

 「今の時を生かして用いなさい。今は悪い時代なのである」。
エペソ5:16

T「今の時を生かして用いなさい」の意味

 ★この御言葉は、新改訳では「機会を十分に生かして用いなさい。」となっています。原典のギリシャ語聖書では エクサゴラゾメノイ トン カイロン 「時を買い取り(買占め)なさい」となっています。

 ★その意味は、自分に与えられた時間(機会)を、主の栄光のために、自分の救いのために、家族や友人、知人などの隣人の救いのために、生かして用いなさい、ということです。不正な家令のたとえ

U今は悪い時代だから

 ★その命令の理由として、御言葉は「今は悪い時代なのである」、新改訳は「悪い時代だからです」と言っています。
 ★この御言葉に対して、「エペソ書が書かれた当時から、2015年の今までの間には『良い時代』と言われるべき時代もあったのでは」と反論する聖書読者もいるかもしれません。

 ★確かに、人々の家計にゆとりのあった時代、人心が穏やかで、犯罪も少なく、人々が仲良く平和に暮らしていた、いわゆる「良き時代」もあったかもしれません。

 ★しかし、聖書が言う「悪い時代」とは、経済的に恵まれているか否か、戦争その他の社会不安の原因の在るなし、にかかわりなく、天の神、主の御目の前に罪と不信仰に染まった「霊的に邪悪な時代」という意味です。

 ★その意味で、聖書の時代から(アダムの堕落以来)今に至るまで、世の中は「サタンの支配下にある悪い時代」(Tヨハネ5:19)なのです。メッセージ〈43〉どうして今の時代を見分けることが出来ないのか

 ★そういう訳で、この世の富は、サタンと罪のこの世と肉の欲(人の罪の性質)のために神のみ前では「不正の富」(ルカ16:11)でしかないのです。不正な家令のたとえ

 ★ですから、この世に生きる限り、すべての主の民は、この悪い時代の中で時間と富とを主の栄光のために、自分の救いと、隣人の救いとのために生かして用いて、自分のために天国の友人造り(ルカ16:9)に励むべきなのです。

 ★今の我が国の現状は、聖書の言う霊的悪の時代にとどまらず、政治的、経済的に最悪の状態にあるといえます。小泉・竹中から今の安倍までの間に我が日本国は、政府の悪政のため急激に劣化し、悪化してきました。収入と時間にゆとりのある恵まれた勤労者は、今や少数派となってしまったようです。

 ★学生時代に借りた奨学金を卒業後まもなく利子付きで月々の返済を迫られる今の若者たちの苦労が思いやられます。

 ★筆者も50何年か前の学生時代に奨学金を貸与されましたが、返還の際に利子を払わされた記憶はありません。

 ★こういう時代にあって、わずかなお金と時間を主のために生かして用いるためには、すべての主の民はみ言葉と祈りによって、あらゆる努力を怠らず、知恵をしぼる必要があります。

 ★貧困に苦しむキリスト者は、この機会をとらえ、パウロの言葉にならって貧に処する道を追求して行きましょう。

 「私は乏しいから、こう言うのではない。私は、どんな境遇にあっても、足ることを学んだ。私は貧に処する道を知っており、富におる道も知っている。私は、飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、ありとあらゆる境遇に処する秘訣を心得ている。私を強くして下さる方(主イエス・キリスト)によって、何事でもすることができる」。ピリピ4:11-13

 ★筆者はここ数十年、ヘアカットをバリカンとはさみと鏡を使って自分でやっています。家内の手を借りず、自分でやってきたのは、互いに時間に縛られず、自分でやりたい時にできるからです。

 ★これを人々に勧め過ぎると、床屋さんから仕事を奪うことになるので、心苦しいですが、今の時代にはやむをえません。

 ★我が家の裏に畳八畳ほどの広さの畑があるので夏の季節に野菜を栽培しています。また、歩いて3分位のところに海岸があるので、そろそろ釣りを始めようと思っています。もちろん、夕食のおかずの足しにするためです。

V我が国の現状
 ★話を、今の我が国の窮状のことにもどしますが、我が日本国にこの状態を招いたのは、小泉、安倍などの政治家だけの責任ではありません。アメリカの核の傘の下にはいりながら、戦争放棄の平和国家になったつもりで、アメリカの軍事力をあてにしていたことのつけを今払わされているということです。

 ★軍事国家アメリカの核の傘の下に入ったということは、アメリカと親子の縁を結んだようなもので、アメリカから「親の戦争稼業に協力せよ」といわれても致し方がないのです。

 ★最初から自国の利益になる時以外は日本を守る気などさらさらなく、米国債を何百兆円も買いとらせ、一円たりとも返済する気のないアメリカから、もっと早くから自立して、自力で自国を防衛する体制を我が国は追求し、模索すべきでした。

 ★永世中立国スイス(の軍事力)も国民皆兵制で武力をもって自国を防衛しようとしているのですから、我が日本国もアメリカの核の傘を出て国民皆兵制なり何なりかの正式な軍事力を備える自立した大人の国になるべきだと思います。

 ★アメリカ軍の手先となって、他国を不当に侵略する不正な戦争に参加して、我が国民の尊い命を犬死させてはなりません。



URL http://31church.net
キリスト紀元2015年 11月 2日公開

26