ゴスペル よい知らせ キリストをあなたに @31church.net
     メッセージ

〈44〉キリスト者は性善説の立場に立つことができるのか


 
1「私はまことのぶどうの木、私の父は農夫である。2私につながっている枝で実を結ばないものは、父が全てこれを取り除き、実を結ぶものは、もっと豊かに実らせるために、手入れしてこれをきれいになさるのである。3あなたがたは、私が語った言葉によってすでにきよくされている。4私につながっていなさい。そうすれば、私はあなたがたとつながっていよう。枝がぶどうの木につながっていなければ、自分だけでは実を結ぶことができないように、あなたがたも私につながっていなければ実を結ぶことができない。
5私はぶどうの木、あなた方はその枝である。 もし人が私につながっており、また私がその人とつながっておれば、その人は実を豊かに結ぶようになる。私から離れては、何一つできないからである」。
ヨハネによる福音書15章1〜5



 ★当サイトの読者でキリスト者である方からメールを頂き、ハーベストタイムのある動画を紹介され、「是非、ご覧になってご意見をお聞かせください」とのことでしたので、それを見て当方の見解をここに述べたいと思います。
 ★その動画は生物学を専門とする理学博士でクリスチャンの安藤和子さんという方の「進化論か創造論か」というテーマの講演の一部を紹介したものです。
 ★この講演の冒頭で、安藤さんは、「私は50歳でクリスチャンになりましたが、教会では『罪、罪』と言われ、自分のこれまでの人生のすべてを否定されたようで、はじめの2年間は打ちのめされたような気分でした。『神はお造りになった全てのものをご覧になって非常に良いとされた』とあるのに、人間はそんなに悪いのだろうか。私は性善説を取ります」と発言しておられます。
 ★クリスチャンにとって、「聖書の教えと性善説とは一致しない」ということは常識だと思っていましたが、分かっていないクリスチャンもいるようです。この方は50歳で受洗され、ご自身のブログによると現在25年の信仰歴をお持ちのようです。それで、性善説に立つと主張されるということは、失礼ながら聖書をあまり読んでいないか、あるいは読んでも理解できていないためとしか言い様がありません。

 ★ここで、性善説なるものを手短に紹介し、その上で聖書の教えを述べることに致します。
 性善説とは、人間の本性は善であるとする儒教の教えの一つです。本人の修養・努力次第で、自力で聖人君子の域に到達することができると説いています。

 ★これに対して、聖書の教えは、主なる神に創造された直後は、被造世界と共に人は神の御目に最善でしたが、アダムの堕落によって全ての人は生来の罪人となりました。その意味は、性善説を信じて、修行を積んで、人の目には聖人君子に到達できたと自他共に認める人がいたとしても、その人は神の御目には地獄で裁かれるべき一介の罪人でしかないという意味です。
 ★神が善と認めるレベルとは、神の律法の一点一画を心と言葉と行いにおいて100%守り、神の御目の前で100点満点を取ることです。どんな失敗も許されません。キリスト無しで、自力で天国に入国を目指すなら、その100点満点以外は認められません。そのような人物は人となられた神であられるキリスト以外に一人もいません。
 ★当の安藤和子さんは、「人はアダムによって堕落しているとはいえ、良い働きをする人たちは沢山います。」と言っています。
 ★しかし、そのいわゆる人の善行も、人は自力で成し遂げたと思い込んでいても、実は神のあわれみと助けによってはじめて実現したものであって、神の助けなしには、人はいかなる善行も成し得ないのです。神は堕落後のサタンが支配するこの世界の総監督として、万物の動きを御霊の摂理によって導いておられるのです。
 ★アダムの堕落以来、人間の「心はよろずの物より偽るもので、甚だしく悪に染まっている。誰がこれをよく知ることができようか。」(エレミヤ17:9)。
 ★生まれながらの人(非キリスト者)が善行を行うとするならそれは、その人の心に刻み込まれた神の律法(つまり良心)に従って実行した結果です。その良心は神が堕落した人々の中になおも残して置かれた神の恵みなのであって、決してその人自身で作り上げたものではないのです(ローマ2:14,15)。
 ★キリスト者が信仰によって生み結ぶ善い行いも決して自分の行いではなく、信仰によって、神から与えられた恵みなのです。上記ヨハネ15:5が言うように、キリストを離れては、私たちは何も出来ないのです。
 ★私たちキリスト者が、キリストを離れて何がしかの善行をなしうると考えることは、自分の罪を小さく見積もることになります。
 ★自分の罪を小さく見積もることは、それだけ神とキリストへの感謝と愛とを小さくすることで、その人の受けるめぐみがそれだけ小さなものとなります。(ルカ7:41〜50)

 ★安藤和子さんの「創造論擁護、進化論否定」の講演内容がとてもよかったので、性善説発言は非常に残念です。ご自分で聖書の学びを深め、人間の罪性と「良い人にも悪い人にも太陽を上らせ雨を降らせる神の一般恩寵」(マタイ5:45)について理解を深められ、ご自分の上に注がれた神の愛の深さに思いを致されることをお勧めします。

ハーベストタイム・ミニストリーズ
「『進化論か創造論か』セミナー(1)」安藤和子博士



URL http://31church.net
キリスト紀元2015年 1月 1日公開


44