ゴスペル よい知らせ キリストをあなたに @31church.net
    ローマ人への手紙講話

〈10〉信仰義認 5章12−21節
     -創造か進化か・真理か神話か-

ロマ書5:12-21

12このようなわけで、ひとりの人によって、罪がこの世にはいり、また罪によって死がはいってきたように、こうして、すべての人が罪を犯したので、死が全人類にはいり込んだのである。13というのは、律法以前にも罪は世にあったが、律法がなければ、罪は罪として認められないのである。 14しかし、アダムからモーセまでの間においても、アダムの違反と同じような罪を犯さなかった者も、死の支配を免れなかった。このアダムは、きたるべき者の型である。15しかし、恵みの賜物は罪過の場合とは異なっている。すなわち、もしひとりの罪過のために多くの人が死んだとすれば、まして、神の恵みと、ひとりの人イエス・キリストの恵みによる賜物とは、さらに豊かに多くの人々に満ちあふれたはずではないか。16かつ、この賜物は、ひとりの犯した罪の結果とは異なっている。なぜなら、さばきの場合は、ひとりの罪過から、罪に定めることになったが、恵みの場合には、多くの人の罪過から、義とする結果になるからである。 17もし、ひとりの罪過によって、そのひとりをとおして死が支配するに至ったとすれば、まして、あふれるばかりの恵みと義の賜物とを受けている者たちは、ひとりのイエス・キリストをとおし、いのちにあって、さらに力強く支配するはずではないか。 18このようなわけで、ひとりの罪過によってすべての人が罪に定められたように、ひとりの義なる行為によって、いのちを得させる義がすべての人に及ぶのである。 19すなわち、ひとりの人の不従順によって、多くの人が罪人とされたと同じように、ひとりの従順によって、多くの人が義人とされるのである。 20律法がはいり込んできたのは、罪過の増し加わるためである。しかし、罪の増し加わったところには、恵みもますます満ちあふれた。 21それは、罪が死によって支配するに至ったように、恵みもまた義によって支配し、わたしたちの主イエス・キリストにより、永遠のいのちを得させるためである。

講話

Ⅰ二人の人類の代表、アダムとキリスト

 ★アダムという名は、人または人類という意味をもっています。アダムはその名の通り人類の代表者でした。神が造られたものは、神がご覧になって

 「はなはだ良かった」と創世記1:31は言っています。すなわち、最初の人間には罪の性質がありませんでした。

 ★この人類の代表者アダムが「善悪を知る木という名の木から取って食べるな」と言われたその木の実を取って食べたことによって、彼から生まれて来た全人類は、生まれながらの罪人となりました。

 ★この人類を罪と滅びから救うためには、罪を他にしてアダムの血を引いた一人の人間が、正しい行いと身代わりの死によって、義と罪の赦しを勝ち取るのでなければ、人類に救の道はありません。

 ★そこで、世界と人類の造り主であられる父なる神は、一人子キリストを処女マリヤを通して、人としてこの世に送り、十字架と死よりの復活によって、信仰によって受けるべき救いの道を備えてくださいました。

 ★この神の救いの御業が実現するためには、アダムが神によって造られた最初の人間であるという事実を受け入れなければなりません。人間が猿から進化した存在であるなら、そこには最初の人間が神の御前に罪を犯したという事実が入る余地が全くありません。

 ★また、救い主であられるイエス・キリストが肉体を取ってこの世に来られた歴史上の人物でなければ、すなわちキリストの話が作り話であるなら、キリストを信じても救いはありません。

 ★キリストが聖書の言うように、旧約聖書に約束されたメシヤとして処女マリヤから生まれ、完全に清く正しい生活を実現され、十字架上に死んでよみがえられた事が事実でないなら、キリストを信じる私たちの救いは現実のものではなくなります。

 ★しかし、イエス・キリストは事実、墓の中から死なない体によみがえられ、信じる私たち全ての者を罪と死と永遠の滅びから救ってくださいました。

Ⅱキリストの対立モデルとしてのアダム

 ★キリストを信じる信仰によって、信じる全ての人々に救いが与えられるためには、最初の人間アダムが神の御前に全ての人類の代表者であって、アダムの罪が彼の子孫である全人類に及んだという事実がなければなりません。

 ★キリストがアダムの子孫をその罪から救うために、この世に来られたのに、その人類が「私たちはアダムの子孫ではない。神に造られたのでもない。進化によって神との関係なしに、この世に偶然発生してきた生き物である。」と主張するなら、キリストの贖(あがな)いの御業は進化の産物である人間に対しては、何の係わりもないものとなってしまします。

 ★主イエスの語られた「王子の婚宴のたとえ」の中で、礼服を着用しないで婚宴に出席して、王様から「お前はここに出席する資格がない」と外の暗闇に追い出された人のように(マタイ22:1-14)、進化論者が救われる望みは全くありません。

 ★神なしでビッグバンによって世界が偶然発生し、進化によって何もないところに生き物が発生し、進化して人間になったとする、世の人々の考える世界には、罪からの救い主であり、世界を再創造なさる神の御業を期待できる余地は全くありません。

 ★マタイ19:3でパリサイ人が主イエスに離婚について質問した時、主は、

 「創造主は、初めから人を男と女に造られ、こう言われました。『人は父母を離れ、妻と結ばれ二人は一体となるべきである。』」(マタイ19:3)

と言われ、創世記1,2章に記された神の言葉が事実であって、おとぎ話や寓話ではない事を断言しておられます。

 ★律法という言葉は、法律という言葉と原語のギリシャ語では同じ言葉です。日本語の聖書は、神の法律を「律法」と訳しています。英語聖書では、両方とも同じ言葉LAWと言い表しています。

 ★法律があるところに、違反があり犯罪があります。そのように、神の律法がある限り、そこに神に対する罪が発生します。20節にあるように、

「律法が入って来たのは、違反が増し加わるためです」。「律法は、信仰によって義とされるために、私たちをキリストに連れて行く養育係です」。(ガラテヤ書3:24)

 ★アダムの罪の後、人類に死が入って来ました(12節)

「罪の支払う報酬は死です」(ロマ書6:23)。

 私たちに罪の大きさ、恐ろしさ、悪性を教えるために、律法が入って来ました。律法によって、私たちに罪と死と滅びとを示し、その滅びからの救い主であるキリストに導くために律法は導入されました。

 ★アダムはキリストのひな形です(14節)。アダムは人類の代表者であるため、彼の罪によって全人類が生まれながらの罪人となりました。

 ★「私はアダムの子孫なんかじゃない。アメーバからの進化によってできた人間だから、アダムの罪の性質なんか受け継いでいない。」と主張

しさえすれば、アダムの罪の性質を受け継がずに済むか、というとそんな訳には行きません。天地の創造主の御前では、地球上に人として生まれた全ての人は、アダムの子孫として否応なく、平等に生まれながらの罪人です。

 ★その罪から救われる道は、世界唯一の救い主イエス・キリストの他にありません。神の御手によって造られた人間の罪は、神から遣わされた救い主イエス・キリストを信じる信仰による以外に取り除かれることはありません。

 「この人(イエス・キリスト)による以外に救はない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである」。使徒行伝4:12

Ⅲキリストの従順によって、信じる全ての人々に救いが豊かに与えられた

 ★創世記のアダムの堕落物語が神話化され、寓話視され、おとぎ話に変えられるように、イエス・キリストの歴史的存在を疑問視する人々がいます。初代教会にも、キリスト仮現説(ドケチズム)なる異端が存在し、キリストは神から遣わされた霊であって、その受難の生涯は幻影でしかなかったと唱えました。現代でもイエス・キリストは、歴史上の実在の人物ではなく、聖書以外にキリストの実在を証明するものはない、と主張する人々が後を絶ちません。

 ★キリストを歴史から抹殺しようとする人々が無くならない理由は、それだけイエス・キリストという存在が目障りで、自分たちを地獄の恐怖に陥れる不安材料だからです。キリストを無き者にして心の平安を得ようとする人々がいつの世にもいるのです。キリストは罪人を恐れさせる存在であると同時に、信じる人々には平安と救いの拠り所でもあるのです。

 ★キリスト在世時代、彼の名声をねたんだユダヤの指導者たちは彼を十字架に付けることで彼を抹殺出来たと信じましたが、彼らの期待に反してキリストはご自身の預言の通り、三日目に死より復活され、その福音が全世界に広められることとなりました。

 ★アダムの神話化とキリストの神話化は、私たちキリスト者の救いとその確信を脅かすものですが、聖書の計画的な読みと祈りと公同の礼拝と聖徒の交わりによって、そのようなサタンの思想や不信仰を克服することができます。

 ★カルビン主義キリスト教は、一度キリストを信じたキリスト者は救いを失うことがないと言い、ウェスレアンキリスト教は失うこともあると主張し互いに対立していますが、聖書はその両方とも正しいと教えています。

 ★パウロはロマ書4:5で、

「しかし、働きはなくても、不信心な者を義とするかたを信じる人は、その信仰が義と認められるのである。」(ロマ書4:7)

 と、人は行いではなく信仰によって救われる、と言っています。

 ★そのパウロがピリピ書2:12

「恐れおののいて自分の救いの達成に励みなさい。」【ピリピ2:12)

 と勧めています。このみ言葉を原語ギリシャ語にもとずいて敷衍(ふえん=意味を詳しくいうこと)するなら、こうなります。「神への恐れをもって、この世と肉とサタンの誘惑と戦い、自分の救いをみ言葉と御霊と祈りによって、作物を育てるが如く育成し完成に導きなさい。」

 15節「神の恵みと、ひとりの人イエス・キリストの恵みによる賜物とは、さらに豊かに多くの人々に満ちあふれたはずではないか。」

 神はイエス・キリストの恵みを、私たちにちょぴり与えようとして居られるのでなく、溢れるばかりに豊かに与えてくださるのです。

 ★十字架を前に控えた主は、弟子たちにこう言っておられます。

 「わたしがこれらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにも宿るため、また、あなたがたの喜びが満ちあふれるためである。」(ヨハネ15:11)

 ★主イエスは、私たちが毎日聖書を読み、祈るだけで満足していないで、キリストの恵みに満たされ、キリストにある平安と喜びに輝き、キリストの光をこの闇の世に光り輝かすことを期待しておられるのです。



URL http://31church.net
キリスト紀元2019年 4月 2日公開

1