ゴスペル よい知らせ キリストをあなたに @31church.net
    ローマ人への手紙講話

  
〈2〉異邦人の罪  1章18-32節

本文 1章18−32節
 18神の怒りは、不義をもって真理をはばもうとする人間のあらゆる不信心と不義とに対して、天から啓示される。19 なぜなら、神について知りうる事がらは、彼らには明らかであり、神がそれを彼らに明らかにされたのである。 20神の見えない性質、すなわち、神の永遠の力と神性とは、天地創造このかた、被造物において知られていて、明らかに認められるからである。したがって、彼らには弁解の余地がない。  21 なぜなら、彼らは神を知っていながら、神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなったからである。 22 彼らは自ら知者と称しながら、愚かになり、 23 不朽の神の栄光を変えて、朽ちる人間や鳥や獣や這うものの像に似せたのである。

 24
ゆえに、神は、彼らが心の欲情にかられ、自分のからだを互にはずかしめて、汚すままに任せられた。25 彼らは神の真理を変えて虚偽とし、創造者の代りに被造物を拝み、これに仕えたのである。創造者こそ永遠にほむべきものである、アァメン。

 26 それゆえ、神は彼らを恥ずべき情欲に任せられた。すなわち、彼らの中の女は、その自然の関係を不自然なものに代え、27 男もまた同じように女との自然の関係を捨てて、互にその情欲の炎を燃やし、男は男に対して恥ずべきことをなし、そしてその乱行の当然の報いを、身に受けたのである。

 
28 そして、彼らは神を認めることを正しいとしなかったので、神は彼らを正しからぬ思いにわたし、なすべからざる事をなすに任せられた。 29 すなわち、彼らは、あらゆる不義と悪と貪欲と悪意とにあふれ、ねたみと殺意と争いと詐欺と悪念とに満ち、また、ざん言する者、 30 そしる者、神を憎む者、不遜な者、高慢な者、大言壮語する者、悪事をたくらむ者、親に逆らう者となり、 31無知、不誠実、無情、無慈悲な者となっている。 32彼らは、こうした事を行う者どもが死に価するという神の定めをよく知りながら、自らそれを行うばかりではなく、それを行う者どもを是認さえしている。

講話
 ★「不朽の神の栄光を変えて、朽ちる人間や鳥や獣や這うものの像に似せる」(23)という偶像礼拝の罪のために神は、「彼らが心の欲情にかられ、自分のからだを互にはずかしめて、汚すままに任せられ」ました(24)。すなわち、十戒の1−4戒(心を尽くして、全身全霊で神を愛せよ)を破る者は、必然的に5−10戒(あなたの隣人を自分と同じように愛せよ)を破るようになるのです。

 ★「神の見えない性質、すなわち、神の永遠の力と神性とは、天地創造このかた、被造物において知られていて、明らかに認められる」のに(20節)、人は神を認めようとせず、神を崇めず、感謝せず、その霊の目は見えなくなっています。それで、まことの神の代わりに偶像を作って拝むようになりました。

 ★人がこうなったのは、最初の人間アダムがサタンの言葉に耳を傾け、神に禁じられていた「善悪を知る木」の実を取って食べた時からでした(創世記215-37)。最初の人間アダムの罪の結果、全ての人類が生まれながらの罪人となり、神ならぬ偶像を拝み、人と互いに罪を犯し合う存在となりました。

 ★選民ユダヤ人も含めて全人類がひとり残らず罪人なのです。まことの神を礼拝すべき選民イスラエル(ユダヤ人)も罪の性質をもっているので、民の指導者モーセがシナイ山で4040夜、神から律法を授かっている時、イスラエルの民は祭司アロンに金の子牛像を造らせ、それを拝んで「これは我々をエジプトから導き出した主なる神である」と言いました(出エジプト記32章)。

 ★アダムの罪以来、人はまことの神に背を向け、自分の欲望のままに勝手に自分で神を造るようになりました。聖書を読むことなしに、人はまことの神がどのような方であるかを正確に知ることは出来ませんが、しかし人間には一般啓示(聖書は特別啓示)といわれる神様からの啓示を与えられています。

 ★一日一回自転しながら、太陽の周りを一年かけて正確に公転する地球。知恵と知識をもった神に似た者に造られた人間(創世記126)の身体と霊と心。種に従って造られた動植物。それらに刻み込まれている深い知恵と知識。

 ★これらをよく観察して考えるなら、これらが何もないところから自然に沸いて出てきたものではなく、これを計画的に造ったお方が居られることを当然認めることが出来る筈なのに、それを断固として認めず、全てのものはビッグバンと進化によって出来たと信じて疑わない人間の愚かさ、頑固さかげんには呆れるばかりです。

 ★堕落前のアダムは、神を礼拝することで健全な人間として幸せな生活を送っていましたが、サタンの誘惑に乗って神の言葉を捨てたため、神でない偶像を拝む者となりました。地球上のすべての人類は何らかの宗教をもっていて神ならぬ偶像を拝んでいます。

 ★主イエスを殺そうとしたユダヤ人に主は「あなたがたの神は、父なる神ではなくサタンであり、サタンは人殺しの父である」(ヨハネ844)と言われました。また、イエスを預言者と認めていても、神の一人子・救い主キリストと信じていないイスラム教徒の神は、ユダヤ教徒の神と同様サタンです。

 「主イエスは言われました。『わたしは道であり、真理であり、いのちです。誰でもわたしを通してでなければ、誰も父なる神のもとに行くことはできない。』(ヨハネ146

 ★罪のために、人類が霊的盲人(Ⅱコリント4の4)、霊的死人(エペソ2の1,2)となったので、その目が開かれ、死からよみがえって神を神として崇める、真の人間に立ち返らせるために救い主イエス・キリストはこの世に来られたのです。

 すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。( ローマ人への手紙 109

 ★私たちは、キリストを信じる信仰によって救われますが、その信仰さえ神様からのプレゼントであって(エペソ2の8)、自力で作り出し生み出すことは出来ません。16節に、

 わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、ギリシヤ人にも、すべて信じる者に、救を得させる神の力である。ローマ人への手紙 116

 ★とあります。福音は選民ユダヤ人にも異邦人ギリシャ人にも提供されています。ユダヤ人もギリシャ人も日本人もキリストの福音を必要とする罪人だからです。1の18−2の29で著者パウロはそのことを示そうとしています。

1の18−32は、主にギリシャ人(異邦人)の罪を取り上げています。

 ★ユダヤ人には、神の言葉である律法が与えられ、その律法を民に解き明かし教える、預言者、教師、祭司が居り、彼らユダヤ人は主を礼拝すること、人と人との間でみ言葉を実践する方法を教えられています。このように、天の父なる神に目をかけられ、育てられています。

 ★これに対して、ギリシャ人をはじめ異邦人はまことの神を求めず、知ろうともせず偶像礼拝に走ったので、神は彼ら異邦人を放任し、好き勝手な道を歩ませられました。

 ★天地の造り主であられる父なる神を礼拝することを拒む者は、神が人と人との間に設けられた秩序を守らなくなります。そして、旧約聖書を読むと人類の罪の性質は時代と共に悪化していることが分かります。

 ★人と人との間の罪の一つとして、2627節は同性愛を挙げています。大昔から現代に至るまで、世界中で同性愛という罪の現象が見られます。東京の渋谷区で同性による準結婚(パートナーシップ)が2015年に正式に認められたことが報じられました。聖書の神を知らない人々は、これは時代の流れで当然の成り行きと見ているかも知れませんが、聖書は同性婚を異常なこと、神に憎まれる穢れたことと見做します。

 ★性同一性障害と呼ばれる一種の病気を負った人々がいますが、この病気は他の病気同様、アダムの罪の結果、人類に降りかかった呪いのためであり、決して正常で健全な現象ではありません。しかし、健康な人が病人を差別してはならないように、生まれながらの性同一性障害の人を差別することは赦されません。

 ★主イエスが弟子たちとの会話の中で、「離婚できないなら結婚しない方がまし」と弟子の一人がもらした時、「それが出来る人はそうしなさい。神の国のために自発的に独身になる人、人から独身者にされる人、と独身者に生まれついた人がいる」と言っておられます(マタイ191-12)

 ★「神の国のために自発的に独身になる人」とは使徒パウロの様に主から特別な賜物を授かった人のことであり、「人から独身者にされる人」とは使徒行伝に登場するエチオピアの宦官のように、女王に仕えるために若いうちに去勢手術を施された人のことです。独身者に生まれついた人という言葉の中に、主は性同一性障碍者を考慮しておられたと思います。現代は結婚するしないは本人の自由に任されているので、様々な理由で結婚しない人が増えています。しかし、誘惑の多い時代なので、清く正しい独身生活を全うすることは甚だ困難です。

 ★24節、26節、28節に「任せられた(別訳/引き渡された)」という言葉が三度出てきます。24 ゆえに、神は、彼らが心の欲情にかられ、自分のからだを互にはずかしめて、「汚すままに任せられた。」26 それゆえ、神は彼らを恥ずべき情欲に「任せられた。」 28 そして、彼らは神を認めることを正しいとしなかったので、神は彼らを正しからぬ思いにわたし、なすべからざる事をなすに「任せられた。」

 ★偶像礼拝を行う異邦人を神は見放し、彼らが欲望のままに好き勝手な道に進むに任せられました。

 ★しかし、新約の時代である今の時代は違います。

25「神はこのキリストを立てて、その血による、信仰をもって受くべきあがないの供え物とされた。それは神の義を示すためであった。すなわち、今までに犯された罪を、神は忍耐をもって見のがしておられたが、26それは、今の時に、神の義を示すためであった。こうして、神みずからが義となり、さらに、イエスを信じる者を義とされるのである。」ローマ人への手紙325,26

 ★今の時代は、すべての人々が、主イエス・キリストのもとに来て、罪を悔い改めて主を信じて救われるべき時です。

 神はこう言われる、「わたしは、恵みの時にあなたの願いを聞きいれ、救の日にあなたを助けた」。見よ、今は恵みの時、見よ、今は救の日である。Ⅱコリント62



URL http://31church.net
キリスト紀元2018年 10月 28日公開

1