皆さんこんにちは!!くりちゃんです。さてさて、皆さん釣具にどの位お金を掛けていらっしゃいますか??え?怖くて計算したこと無いって?そいつは・・・、私と同じじゃーあーりませんか。しかし、よく考えて見るとこんなバカげた話しはありませんよね。わたし達はそんなにお金持ちじゃありません(お金持ちの方はこっから先読まないでね)。私はしがないサラリーマン。リストラこそまだされてないものの、ここ数年実質給料下がる一方です。そんな身分で考えもしないで釣具を買っているなんて・・・マジでバカげていますよね。しかも、釣具の定価ってあって無いような物ですものねぇー。ルアー1個2千円ぐらいしますしね。上手になってルアーなんか失わない様になれば良いのでしょうが・・。私に使われるルアーは何時か消えゆく運命・・かわいそうなのは私の財布です。いっつも薄っぺらいままです。
そこで、私はここしばらくヤフーのオークションにお世話になって居ます。ヤフーのオークションを初めて利用したのはもう数年ぐらい前の事だったでしょうか?それは、コンピューター関係の部品を買ったのが始まりでした。その頃はまだヤフーは登録制で無くてそれこそ百鬼夜行の世界でした。中学生がヤフーで詐偽を働いて数百万円をだまし取ったなどという新聞記事が紙上を賑わしていた時代です。今は個人認証がキチンとしているのでそんな心配も殆ど無くなりました。安心して取引出来るようになっています。
しかし、考え違いをしてはいけません。ヤフーオークションは恐らく日本一の規模です。そんな美味しい話しばかっり有るはずがありません。あくまで「うーん・・、幾らか得したかなぁー??」って言う話しだと思って聞いて下さいね。


品物の狙い方・競り落としの目安
竿 リール
ルアー ライン・小物
ウェアー 基本的な心得
今週のお勧め物件コーナー
このコーナーは私の独断と偏見で選んだ今週のお勧め物件のご紹介コーナーです。この物件に入札して損害を被っても私は一切関知致しませんのでそのつもりでご覧下さい。
それでは良いお買い物を!!!!


ヤフーオークションへの基本的な心得
ヤフーオークションへ参加するにはヤフーで予め情報を登録して置く必要があります。詳しくはヤフーのサイトで確認して下さい。注意しなくてはならないのはオークションに参加しなくても基本料金として月に290円ほど必要なことです。
さて、入札の準備は整った!いざ落札だっ!って事でいきなり入札するのはお勧め出来ません。入札までの標準的な段取りを書きましょう!
 その一 兎に角欲しいものをハッキリさせる
漠然と探していてもネットに浸かっている時間が長くなるだけです。尚、この時はヤフーに登録していなくても大丈夫です
 その二 品物が決まったら一定期間オークションでのその品物の値動きを調べる。
高い物ほどしっかり準備がいります。出物を検索してウオッチリストに加えてそれが幾らで落ちていくのかしばらく様子を見てみましょう。
 その三 いよいよ入札!
 個人情報を登録して入札です。この時に気を付けたいのは予め幾らまで出すのか決めて置くことです。ヤフーは自働入札システムですから幾らまで出すことさへ決めていれば一日に何度もオークションを覗かなくても安心していられます。

入札までの注意点
・・・品物が決まったら入札するわけですがさて、沢山ある品物のどれに入札するのか??って事は大変難しい事です。ハッキリ言って決め手はありません。自分のカンを信じるしかありません。そう言う意味ではオークションて言うのはバクチの一種です。バクチがお嫌いな方はオークションでの買い物は避けた方が賢明だと思います。

入札中の注意点・・・熱くなったらダメです。かといって良いものはそんなに沢山出てきません。始めに決めたリミットを超えた時が決断の時です。幾らまでなら上積み出来るか勝負のしどころです。でも、落としゃー良いってもんでもありません。お金が掛かってしまいます。それでは何にもならないですものね。諦め所も覚えないといけません。

出品者の見方・・・ヤフーのオークションにはハッキリ名乗る、名乗らないはあってもプロの方が出品されている場合が沢山あります。プロの方は評価が大事なので落札後の対応もしっかりしていただけて安心して取り引きできます。ただ、品物は沢山の人から注目されやすいので割安感は薄い場合が多いです。

必要経費の問題・・・オークションの取引では品物に付けた値段以外に必要経費が必ず掛かります。それは振り込み手数料と送料です。それぞれ幅がありますので気を付けないと思わぬ出費に歯噛みすることになります。振込手数料はジャパンネットバンクの携帯電話での振込の60円?から銀行の休日振込の700円過ぎまで色んな料金があります。出品者によって指定してくる振込手段が違いますから出来るだけ安い方法で振り込みましょう。一番のお勧めはやっぱりジャパンネットバンクですがこの為だけに口座を作るのはやはりためらってしまいますね。私も実はまだ作っていません。でも、もう作ろうと思っています。振込手数料は決して無視できないコストですから・・。送料は物によって色々です。特に竿などの長物は高くなります。私のウエダの竿は送料だけで3000円超えました(хх,)・・・。ルアーなんかは定形外郵便で送ってもらうと240円ぐらいで済むので良いですね。


竿の場合
竿・・・・って高いですよね。単価としては高い。でも結局一度に振れる竿は一本なのですから良いものが欲しいモノです。しかも、ルアーやラインみたいに消耗して無くなってしまう物ではありません(ここでは破損の事は一応考えない)。ならばヤフーでゲットだぜ!って事になります。
竿も色々ありますがここでは管理人さんもお勧めのufmウエダの竿を考えてみましょう。ウエダのシーバスロッドはオークション向けです。何故かと言うと・・・
 その一 ヤフオクで非常に沢山出品される。
 その二 モデルチェンジが少ない
 その三 高価な竿なので大切に使われている場合が多い
って言うことです。ウエダの竿は新品も出品されますが保証のことも考えると中古の物の方がねらい目でしょう。中古の程度の良いものを新品の半額位を目安に狙うと良い買い物になると思います。
注意点・・・竿は送料が高いので気を付けて下さいね!11フィートの2ピースなら3000円位かかりますよ。


リールの場合
リールも竿と同じで消耗品ではありません。しかし、リールの場合には二通りの狙い方があるように思います。
まず、ステラを買う場合!
 これはもうリールと言えばステラでしょう!と言う方向けのお話です。実は皆さんも御存知の通りにステラはモデルチェンジいたしました。ですから新型と中古では考えが変わります。
 その一 新型を買う場合・・・ステラも新型のSW4000番が出てから少し選択の幅が出てきました。スズキオンリーなら4000番で決まりでしょう。他の釣りにも使うとなるとARの3000番とSW4000番の選択が難しい所ですね。4000番は定価は高いですがどうせスズキに使うなら替えスプールが必須なのでAR3000との価格差は見掛けほどではありません。出来れば両方手に入れたい所ですね。
 その二 中古を狙う場合。これはもういわゆる98モデルのステラ狙いとなるでしょう。新型が出た今ある意味非常に狙い目の時期です。品物はどんどん出品されて居ますので程度と値段をじっくり調べて買うのが賢い買方ではないでしょうか?殆ど使用していない物で、三万円台前半、かなり使用した物で2万円中盤位が良いかもしれません。
 バイオマスターに代表される実用的な物を買う場合。
 これはもう絶対的に値段との相談です。ネットなんかで幾らぐらいが相場か確認して置いてじっくり(あくまでじっくり)安い物を探して買いましょう。値段が値段ですので新品あるいは新品同様を狙いましょう。少し安いように見えても買った後、手が掛かるようでは何にもならないですよね。品物も結構数出ている様に思います。


ルアーの場合
ルアーは基本的に消耗品だと私は考えています。使えば何時かは無くなってしまうものです。ですからその観点から考えると如何に単価の安い物を買うか?の問題だと思います。勿論なんでも良いって訳にはいかないのでお気に入りのヤツをどの様に買うかが勝負ですね。
買方パターンその一・・・お気に入りを沢山揃える場合。
 誰にもお気に入りのルアーがあると思います。明日にも無くしてしまうかも知れないそんなお気に入りのルアーを買いましょう。一本ずつ買うのが良いんですが必要経費が沢山掛かって結局単価が高くなってしまいます。それでは意味が無いので幾らかまとめて出品されているのを狙いましょう。出品者も色々考えて出品しているので同じ様なタイプでカラー違いをまとめて出している・・と言う場合が多いのです。出品物件を丹念に探して今自分が欲しいパターンに一番近い組み合わせで出ている物を探しましょう。この場合新品か中古かにこだわる必要は無いとおもいます。むしろ、程度の良い中古の品物を激安で落とせればそれが一番お得な買方だと思います。
買方パターンその二・・・珍しいルアーを買ってみる場合
 田舎に済んでいるとルアーを買うのも大変です。新型のルアーが発表されても売っていません。小さなメーカーが作っているルアーも売っていません。都会まで買い出しに行くのは交通費が沢山掛かります。そこで、ヤフオクの出番になります。先ずは欲しいルアーを検索して探しましょう。無いかもしれません。無いときはアラートを仕掛けて置きましょう。アラートと言うのはヤフーオークションの機能のひとつで予め決めておいた言葉を含むオークション物件が出品されたときにメールで教えてくれる機能です。こいつで上手く出物を見付けて買えば良いでしょう。
買方パターンその三・・・兎に角数を揃えてみる場合
 ヤフオクを見ていると時々「ルアーを辞めるのでタックルボックス丸ごと出品します!」っていうのがあります。当然多量のルアーがごちゃ混ぜで出品されています。その中には自分のお気に入りも混ざっていたりしますし、まるで使った事のないルアーも入っています。種類も雑多、中古、新品も入りみだれているので全体の単価はかなり低い所で落札出来ます。ルアーは種類があった方が選択肢が増えて良いと思うので思い切ってこんなのを落とすのも良い考えですね。
買方パターンその四・・・コレクション及び廃番品を狙う場合
 ヤフーには極めて珍しいルアーも時々出てきます。この様な物を集めてコレクションを作るのも面白いかもしれません。また、既に廃番になってお店では手に入らないルアーも出てきたりします。どちらも大概良い値段が付いてくるので実用品一点張りの私の趣味ではありません。しかし、こんな物が欲しい人にとってはお宝の山ですね。


ライン及び小物
ラインはちょっと難しい商品だと思います。と言うのもナイロン及びフロロ系のラインは紫外線による劣化が付いて廻ります。ですからある意味生物です。オークションで手に入れるのはためらう部分がありますね。PE系の新素材ラインなら紫外線劣化はあまり気にしなくて良いみたいなので買うのならそっち系がお勧めですね。ラインは中古は無いので新品オンリーになりますがオークションで買うのなら必要経費込み市場価格の7割ぐらいが目安でしょうか?
小物は近くのお店で揃うならそれが手軽でいいと思います。でも、極めて手に入れにくい様な物ならばオークションで探す値うちがあるでしょう。或いはもーれつに単価の高い物(カスタムナイフなど)を手に入れるときも役に立つと思いますよ。

ウェアー
ウェアーもなかなか難しい商品だと思います。直接身に着ける物ですから新品でないと商品の状態が非常に把握し難いという問題点があります。また、商品の種類が非常に多いので大手メーカーの現行モデルなんかでないと商品のスペックの確認がし難いですね。
となると大手メーカーの現行商品を新品で出品する人から買うことになります。こうなると殆ど全てプロの方からの出品になります。こんな場合、量販店のバーゲンなどと比べて価格的なアドバンスが少なくなるのでよく考えて気に入った物一点集中で買って下さい。
私のお薦めはずばり単価の一番高いゴアテックスのジャケットや雨具系の品物です。