サイバッチ!
史上最悪のゴシップマガジン【サイバッチ!】
CWN33人の正体を暴く

  1. 【サイバッチ!】独占スクープ!!サイバーエンジェルス特集号[05/01/99]
  2. 【サイバッチ!】インターネット史上最悪のゴシップマガジン00028号[05/03/99]
  3. 【サイバッチ!】緊急速報[05/04/99]河上イチローCWN関連ページ突然の消滅
  4. 【サイバッチ!】インターネット史上最悪のゴシップマガジン00029号[05/05/99]
  5. 【サイバッチ!】インターネット史上最悪のゴシップマガジン00030号[05/07/99]

Date:Mon, 03 May 1999 18:02:41 +0900

●OH! CYBER PAPARAZZI●=========================
【サイバッチ!】インターネット史上最悪のゴシップマガジン00028号[05/03/99]


◆今日の配信数:14684◆ HP:<http://member.nifty.ne.jp/~cybazzi/>


●本誌の購読登録・解除は下記アドレスで。お友だちにもご推薦ください。
登録・解除:<http://member.nifty.ne.jp/~cybazzi/subscrive.html>
●無許可転載歓迎。HPのURLとメールで事後報告があるとさらにうれしいです。


★【芸能裏ねたジャーナル】Oh! Cyber Paparazzi★☆☆

スクープ連発でマスコミ取材殺到。あの[サイバッチ!]が芸能界の"裏"を鋭くえぐるメルマガを創刊。ジャニネタを始め,マスコミ緘口令の裏ネタ・インサイダー情報を暴露する。現在、鈴木その子のガン疑惑を総力取材で追跡中。
HP:<http://member.nifty.ne.jp/~cybazzi/uraneta/index.html>

 


★★☆==============
CWNメンバー独占告白(2)
-------------------

特集号[05/01/99]に続く、サイバー・ウオッチ・ネットワーク(CWN)メンバー、 告白者Xへの独占インタビュー第2弾。今回は"陰謀団体"、テレサ協にメスを入れ る。聞き手は河上イチロー&【サイバッチ!】特別取材班。以下URLで警察庁生 活総務課作成最高機密文書を公開中。内容も逐次更新。

○アンチ・サイバー・ウオッチ・ネットワーク!byサイバーハカイダー 河上イチロー
http://members.xoom.com/angriff/cyberangels/
○Cybazzi(関連情報を次々に更新)
http://member.nifty.ne.jp/~cybazzi/bbs.html

 


●テレサ協ガイドラインの陰に警察の思惑???

(告X)警察側はネット犯罪に対して待ったをかけたいだけだったと思いますよ。世間で騒いでいるから何とかしなけりゃいけない。だけど、どこで犯罪との線を引くかは大問題。そう簡単に規制なんてできるはずがない。「やめろ」ともいえない。で、プロバイダ経由で圧力をかけよう、と。プロバイダにはテレコムサービス協会(テレサ協)のガイドラインがある。このガイドラインにそってなら、ホームページの開設者に文句がいえるわけです。それだけの話だと思います。

(河上)なるほど、おっしゃることはわかります。でも、このCWNが一般人が自主的に作った"ボランティア組織"でないこともはっきりしましたね。

(サイ)あと、気になるのは、テレサ協についてです。テレサ協は警察の天下り団体ではないのですか?

(河上)役員の名簿をチェックしていかないと正確なことはわかりませんが、テレサ協はどっちかというと郵政省寄りだと思います。それを警察が取り込もうとしているという話はあるけれども.....。

ともあれ、テレサ協が作成したガイドラインについては、私のページに全文アップしています。これも大いに問題がある。テレサ協のガイドラインを一口で言うと、「『各プロバイダはガイドラインを作りましょうね』というガイドライン」。つまり、「「プロバイダごとにガイドラインを決めておいて、問題のある情報が出てきたら、いつでも消せるように事前に規約で決めておいた方がいいですよ」といっているだけで、「取り締まりをしなければいけない」といっているわけではない。その辺は表現の自由への気配りがあるんです。つまり、このガイドラインがあるからといって、別にプロバイダに監視義務が生じたわけでも何でもないんですね。

ただ、今回、我々がすっぱ抜いた警視庁の内部資料を見ると、ガイドラインから引用している個所は一部分だけ。自分たちにとって都合がいい部分だけ切り取っている。いかにもテレサ協ガイドラインが「それぞれのプロバイダは積極的に有害・違法情報をシャットアウトするために監視の目を光らせることがガイドラインで決められています」と宣言しているかのように見えてしまう。というか、警察や郵政省はこのガイドラインをもって「プロバイダには自主的に検閲する義務がある」ということにしたいのかもしれない。

(告X)警察は自分たちが強権を発動して、ことを進めているのではなく、民間団体であるテレサ協が"主体的に決めた"ガイドラインを盾に使いたいというのは、あるのかもしれません。(以下、次号に続く)

 

★★☆====================
サイバー・パパラッチ的編集後記
--------------------------

独占インタビュー第2弾いかがでしたか?ネットではCWN憎しのあまり、反対運動が先行してしまったようです。事実関係を確かめることもなく、一部心無いメールマガジン(笑)などが、CWNを"赤い蛆虫"と呼んでいましたが、大切なのは事実の確認。批判や意見はその後の話のはず。というか、事実を暴き出すことそれ自体がゴシップ誌の醍醐味なんですよね。自分たちの利権や自意識を拡大するために事実を利用しているだけのくせに、社会正義とか公共性などというヘソが茶を沸かすような戯言を公言するアカ連中とはこのあたりがまったく違うところです。


編集・発行人:毒島雷太
編集・HP:Kamezo<mailto:kamezo@tomato.ne.jp>
編集見習い:蛆太郎 蛆子蛆夫 垢之助
Mail Adress<mailto:kamezo@tomato.ne.jp>
Copyright(C), 1998-1999 Cybazzi
●タレコミ、内情暴露情報募集中。情報採用分には本誌で自主規制した記事も完全記述した特別暴露版をお届けします。