Boots

結構、気に入ってるブーツなんだが
最近、同じILSブーツを履いてる人が、多くなってきたんで
ここらでちょっと改造してみようかと思います。

名づけて『ブーツ改造計画!Cream編』(笑)


『ブーツ改造計画!Cream編

今回の計画では、金をかけずにかっこよくする!
という目標なんで、フレーム、シェル、カフは、いじりません。
そのため、インナーの改造のみでかっこよくしたいと思います。

・用意するもの

Razors Cream、針、糸、ハサミ、ブーツのタン(今回は、K2 FATTYのものを用意しました。)

指貫や糸切りなんかがあると便利です。

まずはじめに、ブーツからインナーを取り外します。
そのとき、中敷などもはずしたほうが、作業はしやすいと思います。

Creamのインナーは、ブーツに甲の部分のタンが、縫い付けてあるんで、生地を切らないように糸を切ってタンをはずします。

さらに、Creamには、甲の部分に幅広のゴムが、付いているんで、これも生地を切らないように、糸を切って取りはずします。
(このはずしたゴムは、いらないので捨ててしまって結構です。)

次に、K2 FATTYのタンにCreamのインナーから取りはずした、甲の部分のタンをK2 FATTYのタンの取り付け部分から3cmほど上の部分に縫い付けます。

さらに、Creamのインナーのタンの取り付け位置から1cm下の部分に縫い付けます。
こうすることによってブーツに入れたときに縫い付け部分が、シェルの中に隠れます。

最後にインナーをブーツに戻して…

完成!

どうです?
かっこいいでしょう?

もう、ターマックなんて言われません。

・製作時間    約3時間

・予算    0円(実質、糸代だけ)

・使用しての感想

 今回、改造に至った動機の一つにインナーがへたってきたために内側くるぶしの上がブーツにあたって痛くなってきたってのがあり、こいつが、解消されました。
 さらにCreamは、前方によく曲がってよいのですが、そのせいで、グラインドのときにひざで踏ん張らなければいけないため、結構、俺のガラスのひざは、悲鳴をあげてました。
 でも、今回の改造で、前方に曲げにくくなった代わりに、グラインドのときにブーツにスネで乗れるようになりひざが楽になりました。
 もうひとつ、タンが3枚になったことにより、甲の部分のフィット感が、よくなりスケーティングが、楽になりました。

 お金をかけてパーツを交換するのも楽しいRazorsですが、お金をかけなくてもこんな風に改造できるんで、最高です。


Copyright© 2000-2001 by Takashi"Oyakata"Honma. all rights reserved