Boots

結構、履きこんできてソールとフレームが、
やばくなってきたんし、
最近、フレームの新しいのも出てきたんで
そろそろ交換かな?ということで、

名づけて『フレーム交換計画!KIZER編』(笑)


『フレーム交換計画!KIZER編

今回の計画では、新しいフレームに交換しようと思ったんだけど、
最近はやりのUFSのフレームを対応していないブーツにつけようという計画です。

・用意するもの

Razors Cream、KIZERフレーム、KIZERフレーム純正車軸、木製の板、
6mmx38mmのヘキサゴンのボルトx4、

今回用意したフレームはLの為、長すぎてソールに干渉して上手くないんでフレームのかかとの部分を斜めにカットしてしまいます。

そして、KIZERフレームには、取り付け用の金具が一切付属してこないんで、Creamに標準で付属していた金具を使用することにしました。
そのため、新たに6mmの穴を前後に2つずつ開けます。

次に、純正のフレームとKIZERフレームを比べてわかる通り、純正はかかとの部分が、高くなっている為、同じ高さになるように、木製の10mm厚の板でベースプレートを作製して、取り付けます。
そのとき、先にソールプレートをブーツに取り付けて置いてください。

そしたら、Cream純正の金具で、フレームを固定します。
かかとの方のボルトは、10mmのべースプレートをはさんだ為、純正より10mm長いボルトを使って固定します。
(この写真は、仮止めをした時の写真です。)

最後に、ウィールを取り付けて

完成!

どうです?
かっこいいでしょう?

もう、ターマックなんて言われません。
(又、同じ振りかい!)

・製作時間    約4時間

・予算   フレーム 6800円、純正車軸 2000円、ソールフレーム 6800円、ボルト80円、ABEC5ベアリング 3000円、木製ベースプレート 0円
       合計 18860円

・使用しての感想

前回は、お金をかけずに改造しましたが、今回は、お金をかけて改造してみました。
予算は、結構掛かったようだけど、新しいブーツの半分の予算で、新品同様になったんで、大満足です。
それに、多分まだ、CramにKIZERフレームつけてる人も少ないんじゃないかと思うんで、俺だけのCreamって感じで結構うれしいです。
使ってみての感想は、フレームよりビスがでてないんで、ステンレス製のレールでも滑るんで、ストリートにでる楽しみが増えました。
あと、ベアリングを変えたせいで、結構スケーティングが楽になりました。
シャフトも8mmのシャフトなんで、折れる心配がないのはうれしいです。


Copyright© 2000-2001 by Takashi"Oyakata"Honma. all rights reserved