Aggressive in-line skate wed site
 
     
  ちょいとサボリ過ぎ?
6月30日土曜日
 

 最近、日記をサボっていたら思いっきりアクセスカウンターに反映されてるんで、気合を入れてみた。

 なんだか最近、夜、駄目なんですよ。
 もう眠くて眠くて12時まで起きてらんない。
 季節の変わり目で無駄に体力の消耗してるらしくて、体調も優れないし・・・そんなわけで日記の更新しようと思ってもなかなか思うように行かなかったんですよ、ほんとに。
 誰だ?ジジイって言ってるのは!
 明日バルバで勝負してやる!

 まあそんなことで、今週の総括してみよう。

 月曜日、仕事終わってから週間ジャンプ読んで、ネットして寝た。

 火曜日、DeeportからRAZORSのソール(白)とバックスライドプレート(黒)が届く。

 水曜日、DeeportにGrand Controlのフレームを問い合わせてみる。
      有閑倶楽部のComicsを読む。
      週間サンデーと週間マガジンを読む。

 木曜日、週間ヤングジャンプを読む。
      久須美と見附で滑る、12時過ぎ帰宅。

 金曜日、桑原邸にて、大会の打ち合わせを行う。

 土曜日、藤枝とおるのAYZ、レンアイアレルギーを読む。

 って、週の大半マンガ読んでる。
 こんなだから日記書けないのかな〜?

 あっ、スーパージャンプこれから読もうっと!


エクステンション?
6月24日日曜日

 気が付けば、日記の更新も滞ってた今日この頃、みな賛同お過ごしですか?
 私は、インラインスケート漬けで奥さんの怒りをかっています。
 ってそんなことは、どうでも良い。

 本日、消防の操法で、朝6時30分に起きて仕度をして出て行って機械の点検などをした後、会場に行ったんだが、雨のために中止という、うれしいんだか、うれしくないんだかという状況で、1日休みが出来てしまった。

 しょうがないんで、昼から桑原君のところに行ってB3のビデオを見ることに、ついでに久須美も誘って行った。

 桑原君のところでは、大会のポスターの打ち合わせや、ビデオを見たりして過してるうちに、路面が乾いてきたんで、HIMALAYAで滑ろうということになって、HIMALAYAに行った。

 HIMALAYAのミニミニパークは、端の方に水溜りはあったっものの、いけそうなんで早速準備をして滑ることに。
 ここのパークは、クォーター2基でBtoBをはさんであるだけなんで、俺がすぐに飽きて先週のセクションの状況にしたんだが、どうも他の連中に不評ですぐに撤去されてしまった。
 そこでもあきらめの悪い俺なんで、次に2mのカーブBOXをクォーターの上に置くことを提案。

 みんな少し否定気味だったが、やり始めてかなりのっていた。
 で、本日は、みんなでエクステンションBOXにかなりはまって滑っていた。

 結構、みんな満足をしていて、今日は、内容の濃い滑りができたと思う。
 以上普通の日記です。
 落ちないです。

 PS.俺のRazors Creamソールが、もうやばいんで、新しいの注文しました。
 そして、ついでにRazorsのページ見たら、Esco Zoo skatesなんて物が出るらしいですね。
 それとGrand Controlなんてブランドのフレームもでるらしい。
 今度、ブーツを買うときは、そのフレームの付いたブーツも良いかも?
 だってフレーム、前後左右無いらしいんだもん。
 うまくローテーションすれば倍もちそうだと思わない?


B3
6月21日木曜日

 先日、奥様に娘にインラインを買ってやらなきゃと言われた。
 どうも日曜日にHIMARAYAに行って俺が滑ってたとき、娘が一生懸命セクションの上を走り回っていてそう言ってたらしい。
 更に、クォーターの上から俺に抱きかかえられてドロップインしたのが、面白かったらしい。(本人の意思で、俺の意思ではない。)
 将来、ストリートライダーか?

 いや、そんなことよりインラインスケーターの旦那には、理解を示さないくせに、娘には、甘すぎます。
 買うならロチェスのJrのフィットネスか?
 って俺も甘すぎ!

 話は変わって、B3である。

 本日、スカパーでやった、B3を録画していたのを見た。
 久しぶりにインラインスケートのビデオを見たんだが、やっぱりプロは、すごい!

 バートは、やっぱり安床栄人が1番だったんだが、それでもグラインドのレベルが、ストリート並に難しくなってきていて、お前ら、ストリートでもいいとこ行くんじゃないのか?ほんとは、って感じだった。

 でストリートの方は、というと、セクションの配置が、いまいちだったせいか、全員のルーティンが、どこかで止まってしまうのが、残念だったが、全体には、やばいでしょう!って感じ、特にLouie ZamoraのデザスターB/Sロイヤルとか、Mike BudnikのクォーターからエクステンションレールへのアリウープフィッシュブレインやBrian Shimaのレールでのソールto540°Offなんかがすごかったんだが、中でもJuson Stinsmenのバカデカイモヒカン付きのRtoRでのバックフィリップからモヒカンの上に着地するやつは、あんたナニモン?て感じだった。

 まああそこまですごいもん見せられたら、なんかやる気がでてきた。
 今週末にでも、また滑りに行こうかな?

 あっ!幼稚園の運動会と消防の操法が、あったんだったけ。
 滑れねーじゃん!!


ADSL導入計画2
6月19日火曜日

 前回から、約1ヶ月経ってやっと進展。
 近所の知り合いが、NTTに直に電話して申し込んだら、1週間で導入できたといってたので、早速実践してみた。

 例によって116番に電話してみた。
 電話番号と、契約者を告げたが、フレッツADSLの担当が、席をはずしてるとのことで、電話を切ってしばし待つことになった。
 すぐに導入できるならいくらでも待たせてもらいますと思ったものの、30分は、待ちすぎ。

 それでも電話がきたんで、早速、返事を聞いたんだが、
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 お客様の電話番号は、確かにご利用可能地域なのですが、基地局からの途中に中継局があるため、フレッツADSLのサービスが、提供出来ません。

 なぬ?
 どういうことだ?
 光集容や、距離が問題ならわかるが、そんなのは聞いてないぞー!

 しばし、混乱したが、冷静に、
「こんご、つかえるようには、なったりしないんですか?」

「申し訳ありません。現在、どこでも可能にはなっていません。」
「フレッツISDNなら使えるんですが、どうでしょうか?」

 はい、もう皆さんお分かりですね。
 ぬか喜びってやつでした。
 NTTの馬鹿ヤロー!

 追伸、
 ここ、2、3年前に近くに、NTTの施設が出来ました。
 今、思えばあれが中継局だった見たいです。
 ほんとは、ISDNのために回線が必要で、立てたんじゃないの?アレ。
 そう思えて仕方ない今日この頃です。

 フレッツISDNか〜。
 遅いんだよな〜。
 来年の長岡のCATVが来るまでのがまんかな〜。
 2MB出るらしいしな〜。
 それともJ-DSLかな〜。
 アレもNTTと同じか?

 ブルーです。


正しい日曜日?
6月17日日曜日

 久方ぶりに、晴天に恵まれた日曜日だったんで、滑りに行こうと思って、電話で連絡とっていたら、娘が
「水族館、水族館!」と連呼していた。

 当方としては、非情な馬鹿親なので、無視して滑りに行こうとしていたのだが、さすがに奥さんの
「自分の遊びにばっかり行ってないで、たまには、いっしょに遊びに連れて行ってあげたら!!」
 の一言に、あえなく轟沈、近場の水族館に連れて行くことに、なった。
 (確かに、ここ1ヶ月ほどいっしょに遊びに出ていない・・・ああそうさ、出ていないさ!)

 まあ、ほんと車で40分くらいの近いところに、水族館があるんでこういうときは、助かる。

 で、近場の寺泊水族館に行って、娘の大好きなペンギン見て来ました。
 更に、面白いキーホルダーを娘が気に入ったので購入。

 そのあと、公園で遊んで、長岡に出発!
 当然、ここからは俺の遊び。

 で、長岡のヒマラヤに着いたんだが、誰も滑ってなかったんで、一人で滑ることに・・・寂しいな。
 まあ、娘も着いてきたんで、考えようによっては、人の邪魔になんないから良いか。
 (娘も、靴でセクションを堪能、走り回ったり、飛び降りたり楽しそうであった。)

 しばらくして、単調な滑りにもあきたんで、刺激を得るために、セクションの配置換え、なにやったかというと、クォーターに
4mのカーブボックスを立てかけて、簡易ハンドカーブ作成、こいつはなかなかデインジャラス!
 最大の高低さ、1m50cm、また打つとか言うより、死人が出そうな、配置。ステキ♪

 いろいろ試して、滑ってたんだが、シクると轟沈。
 でも、結構面白かった。
 何とか、出来たのが、Rから入ってのアリソウ、後は、掛かるんだが、カーブボックスが、横にずれたりしてうまく滑れなかったんで、ちょっと残念。
 今度、来る時は、固定できるように大工道具持ってこよう。

 まあ、本日は、家族全員満足でした。
 そういえば、帰りに飯食って、2人で生ビールも飲んで帰ってきたんだっけ。


常識だよね・・・
6月15日金曜日

 ゆうさんのところで紹介された絶対サポセン黙示録が面白かったんで、似たようなネタやってみようかな?

 まずこの話は、実話です。
 そして、昔、埼玉で現場監督をやっていたころの話です。(7年以上前の話だから時効だろう・・・)

症例1.普通わかるよね?

 当社(埼玉のときの会社)の建売住宅を購入していただいたお客様だったんですが、その奥さんが、年は、30半ばで、子供が2人居たんですが、少し育児ノイローゼ、入ってるようで、ちょっと苦手でした。
 まあ、綺麗な人だったんですけどね。(^^ゞ

 そして、完成引渡しのとき、事件は起きました。
 俺が、いろいろ住宅機器の説明をしているときに、
「監督さん、ここの和室なんだけれども・・・」 

 Σ(-_-;)ドキ!
 クレームかよ?壁に傷があるとか、壁が平じゃないとか言うんじゃないだろうな・・・。

「障子戸ってあるじゃないですか?」
「私、障子って貼ったことが無いから、どうやって貼るんですか?」

「えっ?」
 思わず聞き返してしまいました。
 いい年をしてこの奥さん、どうやら障子を貼ったことが無いらしかったのです。
 安心したと同時に、少しあきれてしまいました。
 もちろん教えましたよ。障子の貼り方

 でも、この事件のおかげで苦手だったその奥さんが少しかわいく思えるようになりました。
 たまに無料でメンテナンス行ったりするぐらい。(^^ゞ 

症例2.普通するよね?

 このお客さんも当社(埼玉のときの会社)の建売住宅を購入していただいたお客様だったんですが、奥さんが、どうやらフィリピン人のようでした。

 その日は、午前中の現場回りも終わって、午後から見積もりの作成をしていたんですが、急に電話で呼び出されました。
 話の内容はというと、
「監督さん、風呂場の水が流れなくなったんで、見てもらえませんか?」

 状況を説明してもらおうと聞いたのですが、うまく説明できないようで現場に行く事に。
 道中、配水管の中に異物を落としたんだとしたら、結構まずいな、水道屋も呼んだほうが良かったかな?
 なんて考えながらも、現場に到着。

 早速、問題の風呂場に、
「ここの水が流れなくなったんですが、・・・。」
 と、洗い場の排水溝を指さされた。

 この排水溝、ステンレスの箱を埋め込んで蓋をしてあるタイプなんで、とりあえず蓋を開けてみると、
Σ( ̄■ ̄;)なにこれ?

 なんとそこには髪の毛がびっしり詰まっていて、トラップ(配水管の上におわんをかぶせたようになってるもの)の周りをふさいでいるんです。
 これじゃあ流れないと思いながらも、髪の毛を取り除き何とか解決しました。

 それにしても購入してから3ヶ月も掃除していなかったんかい!
 いや、それ以前に、電話する前に蓋ぐらい開けて確認してから電話しろ!

 と、思いましたよ。
 いくら日本人じゃないからって、そりゃ無いでしょう・・・。

症例3.違法じゃん!

ああ、時間になったんでまた次回。


ケツ痛い。
6月12日火曜日

 ただいま手元には、解体されたCreamが、目の前に転がっています。
 さすがに、ウィールのメンテナンスしないと、出来るトリックも失敗します。

 それとは関係ないんだが、最近、夜ハイブに行っても誰も居ない。
 全員の理由は、わかっているだけに文句も言えないし、しょうがないことだとは思うが、やっぱり寂しい。
 そんで、やる気もおきなかったんで、スポットめぐりをしてきたんだが、どこも俺をやる気にさせてくれないんで、2時間ほどドライブになってしまったんだが、最後に見附駅の地下道に、ハンドがあるとの情報を聞いていたんで行ってみたんだが、こいつが微妙に高くて、そして長くてキンクになっていて俺が、プロ並にうまかったらやってるぜ!って感じのハンドだった。

 しかし、そんな弱気なことばっかり言ってられないので、とりあえず入ってみたんだが、いきなり轟沈!
 思いっきりハンドまたいで落ちて、ケツを強打!
 
あっけなく本日の闇練終了。

 なんだか、悔しいんでただいまブーツのメンテナンス中です。
 当分ハンドは、いいや!って感じ、肛門、飛び出るほど痛かったです。


未定なお話。
6月10日日曜日

 いや〜。
 最近、日記サボってたんで、久しぶりの更新になっちゃいました。
 やっぱり、年とってくると、夜遅くまでってのが、つらくなってきます。

 本日、ぐずついた天気の中、久須美と2人で、SASUKEとSBステーションに行ってきた。
 出発時は、中越の方は、霧雨でどうしようかと思ったんだが、塩沢に入ったら曇りの天気で持ちそうだったんで、SASUKEで、滑ることに決定した。

 結果的には、湿度も高いせいもあってか、午前中滑って、いっぱいいっぱいになったところで雨が降り始めたんで、不満もなく終了。
 そのあとSASUKEのみんなで雑談してから、SBステーションに打ち合わせに出発!

 何の打ち合わせに行ったかというと、実は、まだ未定なんだが、大会をやろうと思ってるんです。
 それもジャムセッション形式のルーズな感じの大会。
 真夏のジャムセッション!
 それなんで、SBに会場を借りるための交渉をしに行ってきたんです。
 その返答は、近日中にメールで来るんで、期待していてください。
 予定では、8月12日日曜日が、いいんじゃないかと思っています。

 で、SBに着いてリュウタと話をしていたら、なんとSBステーション、今年の8月いっぱいで閉鎖するらしいです。
 マジすかー!何で?
 と思ったが、やっぱりパーク経営というのは、儲からないどころか、大赤字らしい。
 ついでにいえば、セクションの管理代が、結構かかってしまうのが、さらに追い討ちをかけたらしい。
 とっても残念です。

 だから、もしかしたら俺が開催する予定の大会が、=さよならSBステーション大会になる可能性大なんです。
 なんか、楽しい気分で大会やろうと思ってたのに、ちょっと寂しい気分になってしまいました。
 まあともあれ、決定したら、みんなで盛り上げましょう!

 ちなみに、開催決定したら新潟県人は、全員強制参加ね!
 仕事があるなんて、理由は、一切受け付けません。
 これからいそがしくなるぞ〜!


っポイ18
6月6日水曜日

 ついにやってしまいます、マンガネタの少女漫画編。

 Profileに書いてあるように俺は、少女漫画好き!
 それも、花とゆめCOMICの愛読者である。
 ネタがないとはいえ、この話題には、触れまいと思っていたが、本日、『っポイ』(やまざき貴子著)を買ってきてしまった為、日記に書いてしまおう。(かなり自虐的・・・)

 まず、『っポイ』の内容から説明したいと思うが、このマンガの主人公は、背がちっちゃくて女顔の、天野 平(あまの たいら)と勉強も出来てかっこいい、日下 万里(くさか ばんり)の2人の中学生である。
 そして、その2人の学校生活や日常を描いた、コメディタッチの話である。

 で、この18巻は、前巻に引き続き受験シーズン中の、みんなと離れ離れになってしまう、切なさや葛藤を描いてるんだが、自分の中学生時代(もう14年前になる)と重ねてみたりして、少し切ない気分になった。

 まあ、それとは別にギャグなところは、相変わらず笑わせていただきました。


ALL NIGHT LIVE
6月5日火曜日

 今、気が付いてちょっとコンビニに電話料金払いに行ってきます。
 ・・・5分後。
 ふ〜、やばかった。
 コンビに近いと便利だね〜、今月もこれで安心してネットできる。

 で、ネタが無いので、マンがネタ。
 この間、ALLNIGHTLIVE(鈴木みそ著)の5巻を読んだ。

 このマンガは、週アスのカオスだもんね!と並んで好きなんだが、今回はALLNIGHTLIVEのほうを紹介したいと思う。

 内容は、基本的に取材してきたネタをマンガにするタイプのマンガなんだが、作者があまりにも業界タブーギリギリまで(時には、超えてクレームが付くことも)やったりするんで面白い。

 で、今回、はまったのが、『ゲーム専門学校から見た風景 前後編』
 マジに何がすごいって、ゲーム専門学校なんてあること自体驚いたんだが、6〜700人卒業生排出しているくせに、業界就職率0%ってのにまず、ずっこけ(死語)させてもらった。

 何で、そうなのかというと学生全体に存在が希薄というかやる気が無い。
 とりあえず、親が世間体を気にして、入れる。
 または、働きたくないから、なんとなく行く。
 という、社会現象にまで、話が拡大していくのだが、ちょっと想像すると怖い話だったりした。

 テレビとかで、今の子供は…、なんてやってたって、なんだかうそ臭いな?なんて思っていたけど、こうやってマンガと取材という要素の合体だと、妙に納得させられて、家の子もこうなったらどうしよう。なんて心配になってみたりした。
 まあ、自分の周りのインラインやってる子は、自己主張は、はっきりしてるんで、そんな心配は、取り越し苦労かな?と思ったりしたんだが。

 でも、最後にケータイを持ったシロアリが、目的もなく長話しながら日本という国の土台を食いつぶしてるような、って言うのは、あまりにも当てはまりすぎて怖かった。

 これは、怪談話よりもリアルで怖いです。
 絶対読むべし!


アグレッシブな1日
6月3日日曜日

 本日は、非常に自分のアグレッシブさに膝がガクガクした。
 って、インラインやってアグレッシブに攻めるなんて、日常的なんでそんなことではない。

 実は、本日の予定は、長岡HIMALAYA店にてミニミニパークで、アグレッシブに華麗に攻める予定で、家を出てヒマラヤに向かったんだが、11時ごろ着いたのにもかかわらず誰も居ない。
 しょうがないから、パークを開けてもらおうと店内に入ったところで俺の運命は、変わってしまったのであった。

 エッ、何がどうしたかって?
 そう、いつものように何気なくインラインの置いてあるコーナーへ行き、ガッチャなんかが置いてあったんで、いじくっていたら、下の棚に見慣れないチラシが置いてあった。

 手にとって読んでみると、『スケートパークSASUKE』2001年6月2日(土)OPENなんて書いてある。
 その時は、あ〜、前に関さんが言っていた、パークがOPENしたんだ。ぐらいに思っていたんだが、ブーツ見たりして誰かが来るのを待っていたら、だんだんと行きたい気持ちが、起きてきた。
 早速、ナビで検索したら、高速で1時間、コリャ行くしかないいってんで、即効、HAMARAYAを後にしたのであった。

 で、行ってきましたよ、SASUKE。
 塩沢石打IC下車5分、到着、よく考えたら、もう1つインター行くとSBジャン!と思ったけど、まあ来てしまったものはしょうがない。
 (これを読んでる新潟人じゃない方、新潟ってのは、北陸3県分の面積があって、上中下越からなっており、俺の住んでる中越から上越までは、距離にして110km高速に乗って行ったとしても1時間半は、かかる。要は、隣県に行くようなもんなんである。)
 早速、写真とって滑って4時半になったんで、撤収。

 何で、そんなに早かったかというと、実は本日、仲間の出産祝いを6時に持っていく約束していたんで、早く帰らなけりゃいけなかったのだ。
 にもかかわらず、塩沢まできてる俺っていったい何?
 かなりアグレッシブな生き方してない?
 そう思いながらも、車、時速100km+3,40kmで帰りましたとも。

 まあ、何とか約束にも間に会いました。
 それにしてもアグレッシブだ俺。
 おかげで、運転疲れとトランポリンのせいで膝まだガクガクいってます。


540°
6月2日土曜日

 もう6月ですか?
 早いですね〜、ついこの間、裏JAM行って来たばかりだと思っていたのに。

 最近、やっとエンジンが暖まってきた。
 車じゃなく俺のね。

 やっぱりブーツいじって、自分の滑りについて考えたり、富山に行って刺激受けてきたり、セクションの修繕が終わったりで、滑りに没頭できる環境が整ったのが、十分に影響してるんだろうと思う。
 これで、地域の付き合いがなければ、最高なんだが、これは責任ある大人としては、しょうがない。

 で、540°。
 ジャンランでもファンボックスでも一応は、回れます。(セーフティーグラブだけど)
 でも、富山に行ったとき名古屋のジェームスのクォーターでの720°を見たとき、かっこいいと思って、俺もせめて540°は、回れるようになろう、と思ったわけです。
 まあ、ルーチン考えるとき、クォーターでやる技には、良さそうだしってのもあるわけです。
 実際。

 それで、ただいまフラットでの540°猛練習中。
 確実に毎回同じ回り方が、出来ないと回れないんです。フラットの540°は
 それで正確に回る練習をしています。

 あと、俺、ステアの540°も苦手なんで、こいつも猛練習中。
 まあ、ステアといったって、20cmぐらいの段差ですけどね。
 でも、こいつが結構、いい感じで360°回った後のもう180°を腰のひねりでまわして着地することができるようになってきたんで、こいつは結構いい進歩じゃないかと思っています。

 これで、明日HIMARAYAのクォーターで、挑戦してみようかな?なんて気が起きています。
 そうそう、もうひとつ目標が出来たんだっけ、新潟のハーフパイプできちんとエアの姿勢を安定させること、先週こいちゃんのエア見て、ヒントがつかめたんで、そいつも実践しよう。
 クォーターでも、エアがきれいに上がるように練習しよう。


     
2003
2002
11月
2001
12月
2000
Copyright© 2000-2002 by Takashi"Oyakata"Honma. all rights reserved.