Aggressive in-line skate wed site
 
     
  トリックスター
2002/10/21
 

 あそこは、ほんとにこれでもかっ!てくらいにダメダメだね!(断っておくけど、北陸の有名インラインスケートサイトの話じゃありません)
 日曜日は、雨だったんで、前橋の室内パークトリックスターに行って来た。

 前回行ったときは、ハーフボールが、まだ完成してなかったんで、今回はそれがやりたくっていってきたんだけど、結論から言わせて貰えば、あそこのパークは、つかえないっていうか全体のバランスが悪すぎ。

 スパイン付きのミニランプは、低すぎて遊びにくいし。
 セクションの間隔は、狭すぎて危険だし、ルーティンは、死ぬほど組みにくいし、ハーフボールは、力入れて作ったわりには、高すぎてグラインドには向いていないし、かといってエアして帰ってくると、下にあるセクションに追突しそうになるし、ピラミッドランプは、BtoBでもいいような感じだし、ファンボは、低くてRきつめで、飛びにくいし、大きいクォーターは、真中になんか出っ張りあってこけると激突しそうで、危険だし、階段付きハンドカーブは、ピラミッドでグラインドして帰ってくると、ちょうど突っ込みそうな場所にあって危険だし、なんか欲しいセクション詰め込めるだけ詰め込んだら、すっごい中途半端に使えないおかしいパークができてしまいましたって感じ。
まああげたら切り無いぐらい不満な、点が多い珍しいパークな訳ですよ。

 更に、ビギナーは、1時間800円、メンバーは、2000円で、入れるが3時間1000円。
 決して安くは、無いです。まあ今回は、ハーフボールがやりたくて、いったんだけど(前に行ったときすでに他のセクションには、不満たらたらだったんだけど・・・)とどめ刺されて帰ってきました。
 今度関東遠征に行く時は、ウィッキーズか、鵠沼か、吉川(まだ行ったこと無い)にしておこうと心に決めました。

 そうそう、群馬なら安中市にコンクリート製のボールがあるんでそれの方がいいかな?

 ちなみに、行きはSASUKEまで下道2時間、そこから高速で1時間で到着。
 帰りは、下道で4時間。
 滑った時間は、2時間。
 とってもハード(心も体も)な遠征でした。


それでも日記書くのかよ!
2002/10/14

 昨日の夜10時に家を出て、下道6時間かけて、桜ヶ池に行ってきた。
 何気に、寝たの4時なのに、7時半頃起きて宿泊していた道の駅から桜ヶ池に移動。
 仮眠とって10時頃から滑ろうと思っていたが、あまりの車内の暑さに、30分ぐらいしか眠れず、9時頃車から這い出て、すでに滑り始めていた石川ローカルに挨拶して、フレームのウィール交換初めて動き出した。

 なんだか、土曜の夜のストリートの筋肉痛が、響いてるのか6時間座りっぱなしなのが響いてるのかわからないが、脚に力が入んない。
 何とか滑り始めて、ファンボ入ってエアしたら結構高さがでる。
  昨日買った、HIMARAYAのABEC7のベアリングと56mmのウィールの効果は、やっぱりでかかった。

 そんな感じで滑り始めてたら、はっしーとか池のローカルが集まり始めて、カーブボックスで技の繰り出しあいなんかやったり、ファンボでエアの練習をしたりして遊んでたら、アサクラ夫妻登場。

 ー以下省略(ちゅうか、眠いのよ)ー

 で、3時頃、崎山さんがつま先のウィールが剥離して撤収。
 はっしーが、ベアリング潰しちゃって、撤収の危機を迎えたが、俺の使ってないABEC3のベアリング16個貰って復活。(その後2時間ぐらい滑ったらしい)
 そして、4時頃俺が撤収。

 以後、高速と下道で4時間かけて帰宅。(途中で工事渋滞にはまった時間、30分含む)で帰宅。
 7時間滑るために、10時間移動というとっても疲れた遠征は終わった。


闇ストリート
2002/10/13

 皆さん3連休うらやましいです。
 っていうか、休んでる奴ら、恨みます。
 昨日も今日も仕事で、貞子並の恨みパワー全開の今日この頃。

 まあそれは、置いといて、昨日SASUKEに行った連中が、帰りにストリートやりながら帰ってくるって言ってたんで仕事終わってから、電話して、小千谷の例の場所で、ストリートやってきた。

 最初、俺が着いた時は、みんなもう疲れたって感じだったが、次第にだんだんテンション上がってきて、攻めはじめた。
 で、例の傾斜カーブで、一発目で桑原君手のひら負傷で、撮影に専念。
 山田君、こいちゃん、俺の3人でバックサイドロイヤルで攻める。
 なんだかこいちゃんは、バックサイド失敗しても後が芝だから、こけるのを楽しんでるようだけど・・・
 攻める、攻める。

 みんな貫通し始め、俺はフロントサイドフルトーク貫通で、いいかげん、疲れてこいちゃん撤収準備。
 俺と山田君は、池のカーブを攻め始め、桑原君撮影に専念。
 攻める攻める。
  ブーツ削れる削れる。

 池も満足したんで、小千谷から移動。
 こいちゃんと石川さんは、そのまま帰路についた。

 移動して、中中(なかちゅう)に行って、ハンドカーブを攻める。
 ここは、階段の手前からフラットカーブが続いてて、階段で傾斜カーブになってる。
 山田君と、ロイヤルで攻めるが、降りたとこが、緩い傾斜で、着地でも気が抜けない。

 2人してこけたりしながら、攻めまくる。
 ・・・攻める攻めるこける攻める。

 結局、山田君は、ロイヤル、アリウープミズを成功。
 俺は、ロイヤル、バックサイドロイヤル、ソール、トップソール、ファースト、トップサイドポーンスター、ミストリヤル、トゥルースピンアリウープミズなど成功?
 で、いろいろ試せて楽しかった。

 おかげで本日、筋肉痛。


Happy
2002/10/07

 昨日は、南ちゃん&テラテラの結婚パーティーに出席してきたんだが、みんなすっごい久しぶりの面子が集まった。
 ほんと、海浜の工事が始まってから、みんな海浜に集まることがなくなって、インラインから離れていった人も多く滑る場所の大切さを痛感した1日だった。

 とはいえ、おめでたい席の話なんで、その話はここまでにして、何気にこのパーティーで一番もりあがったのは、新郎新婦入場だと思う。
 それも実は、新郎新婦よりその2人が履いてた、SHIMA3とSHIMA2(WhiteEdition)が、一番目をひいたんじゃないかと思う。(俺だけかもしれないけど・・・)
 まあ、おしゃれな格好で来いって言ってただけあって、新郎新婦は、白いタキシードとドレス、そこにきてクリスエドワーズの真似?かと思われる、インラインスケートを履いての入場は、ヤッパリ美味しいかったね。

 まあ、その後は、みんな酒飲みながら雑談したりゲームのカキ氷早食い競争なんかやったりしてもりあがって、楽しい1日でした。
 まあ早いうちに、写真のほうもアップします。


気がついたら・・・
2002/10/05

 話は、昨日のこと・・・

 仕事から帰って来て、娘に「パパいくつ?パパいくつ?」って聞かれ、まだ29って答えてた。
 それも思いっきり素で。

 その後夕飯食って、ハイブに滑りに行って、その後山田君と見附で、セス祭りやった後、帰りの車でTV見ててニュースで日付が変わったのを見て気が付いた。

 俺、30になったんだ・・・
 そうです。俺は自分の誕生日を思いっきり忘れてました!
 丸1日微塵も思い出さなかった・・・
 その後、速攻で、闇連中のZAZUにメールしたら、電話かかってきて、東京某所で滑ってるスケーター数名からハッピーバースデーの歌で祝ってもらえた。
 うれしいような照れくさいような感じだったが、他人に祝ってもらった誕生日って、久しぶりだなって少し感動した。
 そんな僕は、もう三十路・・・


     
2003
2002
11月
2001
12月
2000
Copyright© 2000-2002 by Takashi"Oyakata"Honma. all rights reserved.