Aggressive in-line skate wed site
 

‐AAIA仙台大会遠征日誌‐

2002年4月28日日曜日に行われた、
AAIA仙台2ndの時の俺の行動を綴った日誌です。

大会前日

 その日の仕事は、上棟式だったんで、いつもよりも早く仕事が終わる予定だったんだが、朝一番にけが人が出たため、結構仕事が、押してしまい出発が遅れまくった。
 だが、そういうときこそ事故を起こしやすいんで、きちんとやろうと思っていたことをしてから、予定より1時間以上送れて出発した。

 途中、燕三条駅で、ZAZUを拾い、新潟市では、アベベ(宮田寛之)を拾って、仙台に向けて高速に乗った。

(高速に乗ること3時間)

 やっと、名取市に到着。
 ここでZAZUと俺が風呂に入ってないんで、スーパー銭湯”極楽湯”に行って、移動の疲れを取った。
 この時点で、もう夜中の3時を回ってたんで、寝るために車を止める場所を探すが、なかなか見つからずに結局寝たのが、4時になってしまった。

大会当日

 車中泊ということもあり、眠りが浅くて、6時ごろ目が覚める。
 がんばって、7時までは、目を閉じてじっとしていたが、寝れないんで、仕方なくDEFに向けて出発。
 すっごい、山の中にいきなりナイター設備が見えてきてびっくり。
 しかし、パークが開いてないんで、ふもとのコンビニにて、朝食と昼食の買出しにもどる。

 再び、DEFに戻ったら、パークが開いてた。
 中に入ったら、AAIAスタッフの車が到着していた。

 夏さんやリュウジ君たちと話をしたりしてたら、Deeportの人たちも到着。
 なんと!Jon Elliott, Robert Lievanosも告知通りにやってきた!

 で、しばらくすると、みんなパークで滑り始めたんで、俺もブーツを取り出して滑り始めた。
 今回、Graalをパークで使用するのは、初めてなんで、様子見に軽く滑ってたんだが、特に問題なさそうなんで、予選もGraalで、出場することに決めた。(これがあとで悲劇に・・・)
 パークを滑ってみた感想は、俺の苦手な感じのパーク。
 とにかくバンク、バンク、バンク。
 Rのセクションもあることにはあるんだけど、感じは、全体的にスケボーセクションなんで、タイミングがあわせにくい。
 ファンボも、小さいんで、思いっきり飛べなそうだ。
 前日入りしてれば、もう少し何とかなったのかもしれないけど、当日入りじゃあ何にも、出来ずに終わりそう・・・

 で、エントリーを済ませて大会が始まった。
 今回、MCは、ヒザの靭帯痛めてて不参加のサンソン。
 ジャッジは、夏さん、田中君、ゲストのRazors Jon Elliott Robert Lievanos 決勝のみフカスケさん。
 DJ リュウジ君。

 俺は、予選第1組で、滑ることになった。
 予選の練習中ルーティンを考えたんだが、なかなかまとまらずに予選が始まった。

 さすがに、寝不足のためか、気が付いたら自分の番が来たんで、メットをかぶってグラインドクォーターの上に、サンソンのスタートの声で滑り始めたんだが、スパインで、いきなり飛びすぎて、あんまりいい体勢でファンボに入れなかったため、540を何とか回った形になって、転倒。
 財布を置いてくるのを忘れたため財布ぶん回しながら、滑ることに。
 MCは、「財布!財布!」と叫んでる。
 何とか、財布もしまって、ハンドカーブに到着。
 ハンドカーブでグラインドしたんだが、またもや転倒。(もうぼろぼろ)
 BtoBを超えて、フラットローレールでグラインドそしてグラインドクォーターで、またもグラインド失敗。

 一呼吸入れてから、島と呼ばれるセクションのフラットレールでRoyal。
 クォーターで、360してまた島に戻ってグラインド。
 最後、グラインドクォーターで転倒で終了。

 この時点で、痛めてた手の平ならびにヒザを負傷。
 予想よりGraalは、パークでマジ滑りすると、足首よれた時に修正効かない事が判明、急遽Razorsを車から持ってきて予選の2本目に備えた。

 予選第2組のRUNが始まったが、どうやらうまい連中は、コッチの方にかたまったらしく、なかなか熱い滑りが、見れたが、それとは相反して自分のコンディションは、良くないため、あんまり良く見てられなかった。

 予選第2組が終わって、昼食。

 ブーツを替えたことによる誤差を修正したいため、早々に昼休みの間に滑り込んだが、負傷した個所が気になり、安全なルーティンを選択することに決定した。

 予選第1組のセカンドランが始まった。

 今回は、きちんとニーパッドも着けて財布も置いてきたんで、安心して滑り出せたが、ファンボを越えた後、ハンドカーブに向かわずにクォーターで360そのあと島のフラットレールでグラインド、そのままグラインドクォーターでトップサイドミストリアルするが、乗り上げてしまう。
 そしてBtoBでUターンして、またグラインドクォーターでトップサイドソールするが、乗り上げてしまう。
 で、最後に島のフラットレールにRoyalして下りで失敗してそのまま下に転倒、で終了。
 悔しかったんで、「Razors最高!」って叫んで退場。

 俺のAAIA仙台は、ここで終了。

 気が楽になったところで、予選第2組の滑りも見れたんだが、結構やばいねみんな。

 予選が終わって、決勝。
 とにかくやばい。
 ガンガンハンドカーブを攻め!高度で高いエアを見せ付けていく。
 凄かった!

 で、大会全体を見て印象に残ったトリックは、山路大君のワンメイクでのFast Slide、もりもり漕いで高速で入って5m貫通。
 そして、カンノケイシ君のワンメイクでのクォーターからのトランスファーでのデザスターRoyal、人間てあんなに飛べるのね、って思った。
 あと、ナカムラユウヤ君の決勝でのこだわり、ハンドカーブで自分のこだわりを見せてくれた。
 そして、やっぱり相方 克彦君のファンボでのトランスファーでフラットスピン540実は、あのセクションてファンボとBtoBが並んでて、そこに1段小さいBtoBがくっついてるんだけど、相方君は、その小さい方に着地してたんで、凄いコントロールがうまいって、感動してしまった。

 で、大会終了後。
 AAIAスタッフと一緒に焼肉屋さんで夕飯食って、話をしていた。
 ここでショックだったのが、実は夏さんとBob-Oさんがタメで、俺の1つ下だったってこと。
 ガンダムの話で盛り上がる訳だ・・・

 そして、仙台を後にした。

 -おまけ-

Copyright© 2000-2002 by Takashi"Oyakata"Honma. all rights reserved.