Aggressive in-line skate wed site
 
裏日本アグレッシブ選手権4
改め
日本アグレッシブ宴会!
     
   10月29日日曜日に行われる予定だった裏日本アグレッシブ選手権4は残念ながら雨で中止!ということでした。
そこで富山遠征記録として親方の2日間の行動をレポートとしてまとめました。
 
10月28日

6時20分

起床

 前日、「消防のホースを取り込むので朝、6:30にポンプ小屋に集合!」の連絡を受けてた為、
朝、消防のホースを片付けてきた。
とりあえず、今日は一日この天気が持ちそうなので少し安心した。

7時25分

三条出発

 家に帰ってきてから、ロフトにあるパソコンでトリックスターBBSに
これから出発すると書き込んで三条を出発!

8時05分

長岡HIMARAYAスポーツ到着

 集合時間は8:00だったのに少し遅れてしまった。
俺が着いたときには新潟勢と久須美はすでに到着していた。
しかし、予想どうりにくわはらくん遅刻!奴は8:19になってやっと来た。

8時30分

長岡出発

 一通り荷物を積み終えて、出発!
いつものコンビニで朝食を買って高速道路にのって目指すは城端!

9時30分頃

上越市 北陸自動車道上

 北陸自動車道が全線2車線開通して富山に行くのが楽になった。
そして、何事もなく順調に富山にはいれるはずだったが、 やっぱり事件がおきた!
道中、130〜140km/hぐらいで順調に走っていたのだが、上越市に入ったあたりで
10数台まとめて抜いた後、 追越し車線を150km/hぐらいでずーと調子よく走っていた。
 すると突然、 ばんちゃんの車の後ろから回転灯を回した銀色のスカイラインが現れた!
ヤツは、おきまりの「新潟33・・・・パトカーについてきなさい!」と
名立谷浜SAまで先導して行きそこで車を止めさせた。
 俺と番ちゃんは、パトカーの中に入れられてしばし説教を受けていた。
150km/hぐらい出していたため二人して免取り10万円コースを覚悟していたが、
(計測メーターは136キロを指していた。)
警官の説教が進むにつれ「今回はスピード違反だけではなく通行帯違反も犯しているが通行帯違反だけしかとらない。」とのこと、九死に一生を得てマジで胸を撫で下ろした。・・・でも6000円は痛い。

11時30分頃

富山市到着

 当初の予定はまっすぐ城端に行くはずだったが、こいちゃん提案でRampjackによって買い物をすることになり富山ICを下りてRampjackへ
 Rampjackといえばノブが勤めているところである。
ここで皆さん、お買い物タイム!
  こいちゃんが、ニーパッド、番ちゃんと久須美が、ヘルメット、八木ちゃんが50/50フレーム一式ご購入、いいお客だ。

1時00分頃

城端到着

 また高速道路にのって城端を目指す!
高速道路を下りてからコンビニで昼飯を買って、城端スケートパークに到着!
パークに着いて予想はしていたが、あまりの人の多さにビックリしてしまった。

 

 とりあえず、ILSを持って滑る準備をする。
ちょうど、ホッシーとりゅうじくんが休んでいたので話しかける。
やっぱりおやじだった。 いろいろ有名人がいた。
ウォーリーさんとか・・・
 この日は、晴れていたが午後からかなり怪しいということで
みんな、殺気立っていて滑っていてなかなかいい感じ

 とりあえず、王子とミニランで滑っていたら
王子のデザスターが ホッシー気に入ったようで
にわかにデザスターブームが到来!
負けじとデザスターカインドを投入するがデザスターアリウープトップソウルに
完敗・・・

 そうこうしてるうちに雨が降ってきたので撤収するはめになった。

3時頃

 ホッシーいわく3:30チェックインだそうでそれまでしばしご歓談をって具合で待っていざコテージへ!
 コテージの中は、どこかのスキー場のペンションとは違いかなり綺麗で
ウォッシュレットまで付いていてかなり良い!(かなり感動!)
ベットも2段ベットになっていて雑魚寝とはちがってリッチな感じ

4時頃  どこの部屋も自炊だそうなんでうちらも買出しに行く
買いだしメンバーは、番ちゃん、白井さん、久須美、王子、もりの5人
残ったメンバーは、部屋の準備をした後、TV鑑賞会
親方は、買いだしメンバーを待ちきれず、日本酒を茶碗で飲み始める・・・
星一徹状態である。
4時半頃

 買出しメンバーが帰ってきて自炊の支度を始めたのだが
することがなくて宴会どこの部屋でやるか聞いてくるといって
主催者部屋に乱入!

 Tシャツにパンツ一丁のりゅうじくんが主夫をやってた。
彼はどうも鍋らしきものを奇声を発しながら作っていた。
新潟土産の酒をKAZUさんに半ば強制的に注がれて乾杯の音頭とともに
裏日本アグレッシブ宴会が開催された!

ここからは慣れない日本酒の為、時間経過などがわからなくなる・・・

 調子よく日本酒を飲むとすぐにKAZUさんが注ぐ、この繰り返しの中
メートルは上がる一方 !

 いろんな話をしたがJUNJUNが俺より年下だったことや黒田くんがタメだったことには驚いたり
裏権1回目に比べて 大きな大会になっていったこと、北陸勢がうまくなってきたことなど
話題にことかかなっかた。
 途中、ハガイさん達も来てKAZUさんと住宅ローンの話をしていた。(シビアな現実!)

 新潟勢がカレーを作っているという話を聞いた一同は、カレーのデリバリーを注文!
じんじんがまだ出来てないと言いに来て捕獲される。
 その後、カレーは到着!五分後、完食! 皆はらっぺらしだ。

 ここも人がいっぱいになってきたので、ほしば、黒田、俺後何人かで東京部屋に行く。

 奴らもかなり飲んでるらしくかなりハイテンション!
ほしばさんが持ってきた初孫を いっきしはじめる始末。
ウォーリーさんを呼び捨てしてるし「素人童貞」の連呼も始まる始末。
ついでに俺も本人目の前にシンタロウって来てた?なんて言ってるし・・・
いたたまれなくなって主催者部屋に単独、戻る。

 戻ってみるとヤギちゃんやこいちゃんまでいる。新潟部屋?でも違う。
ほかの人達もいる。まあ気を取り直して飲み始める。

 2〜3回、トイレに行った頃、東京部屋の連中の総攻撃にあい一気大会が始まる。
当然、被害を受けるのは嫌なので新潟部屋に帰る。

 この後、誰と話したか記憶になくなってベットに消える。
賭け事をしていたような気はする・・・

深夜12時頃

 言い争いの声に目が覚めてしまう。
ヤギちゃんと白井さんとこいちゃんの声だ。
特にヤギちゃんの声がでかい!耳をすませて聞いていたら
白井さんとこいちゃんが出ていってしまたようなので、起きてヤギちゃんを
なだめて寝かせる。

 すっかり目が冴えてしまいコーラを2杯流し込んで消灯!
ベットに入って無理に寝ようとするが、番ちゃん、ヤギちゃんのいびきが
すばらしいハーモニーを奏でていて眠れない。
寝るのに努力するのは久しぶりであった。

 こうして夜は更けて行く・・・

次の日付へ

Copyright© 2000-2002 by Takashi"Oyakata"Honma. all rights reserved.