Aggressive in-line skate wed site
 

-裏権5遠征日誌-

2001年9月23日日曜日に行われた、
第5回裏日本アグレッシブインラインスケート選手権に
行ってきた、日誌です。

裏権前日

 今回、新潟から裏権に行ったのは、俺、こいちゃん、南ちゃん、王子、もり、太田君の6名、それと当日到着の名古屋君カップルの2名であった。
 で、出発からして、こいちゃんが、財布を忘れて、我が家を夜8時30頃、出発予定が、1時間も遅れたりと、いつに無くあわただしい出発であった。

 今回富山に、行くのは下道の予定だったんだが、予定時間に富山に到着出来そうに無かったんで富山に入る前に高速に乗った。
 しかし、池に着く手前でビールを売ってる店を探して寄り道したんで、結局池について寝たのは、3時ごろだった。(でもどこも売ってなかった。(T_T))

裏権当日

 朝、6時ごろ猛烈な寒さで、目が覚めた。
 外には、王子がやっぱり寒くて起きてきた。

 で、全員起きたところで、ふもとのコンビにまで、朝食を買いに出かけた。
 俺と南ちゃんは、「やっぱり朝は、暖かい飲み物が、良いね。」と、飯と味噌汁を買った。

 8時過ぎ、わらわらとパークのほうに人が集まりだして、にぎやかになってきた。
 すると、タケさん登場!
 しばらくして、イエローマン登場!
 実は、タケさんのBBSで盛り上がってたお土産を持てきたんで、彼らの到着を待っていたのだ。
 で、物は秘密。(裏権だけに、裏・・・)
 2人に、お土産を渡して、俺の今回の目的のひとつが、終わった。

 で、早速パークで滑り始める。
 本日、是非ともメイクしたいのは、高さに余裕のある、540°。
 前回来たときは、いい感じでメイクできたんで、大会でできれば、点数高いな、と踏んでたんだが、ファンボックスに入ってみたら、轟沈!。
 朝露が、まだ残ってたらしく、いきなり滑って失敗してしまった。
 こいつが、後々まで尾を引いて540°の回り方がわからなくなってしまい、メイクできなくなってしまった。

 9時ごろ主催者サイドの人間も集まったんで、受け付け、開会式と滞りなく、進んだ。
 実は、俺、裏権のストリート出るのは、初めて。
 春のは、JAMだったし、1分間で、ルーチィン決めて滑るのって久しぶりなんで、かなりやばい。
 練習もあんまりしてないし、ルーチィンも考えてない、大丈夫なんだろうか?

 予選が始まって、ほかの人が滑り始めたんだが、みんな結構うまい。
 新潟人も何気にがんばってたんだが、やっぱりほかの県の連中のほうが、俄然うまい。
 で、新潟県本命の王子というと、しょっぱなドロップインのところでつまずいてからもう、「誰あいつ?」ってくらい、こけまくりでノーメイクの連続、本人には悪いけどおいしすぎて笑わせていただきました。
 こいちゃんは、エアーが、やっぱり良い。
 あんまり人ができないやつを持ってきて受けてるし、最後のアーロンばりのバックフィリップは、やっぱりスタイリッシュ。
 南ちゃんは、グラインド重視だけど、何気に、トランスファーのデザの技を持ってきて結構、よかった。
 名護屋君も、普段グラインド重視なんだけど、エアもきちんとこなしてたし、結構よかった。

 で、俺はというと、ドロップインからファンボでミュート180°そのままクォーターで、360°戻って、ハンドレールでソウル、で、クォーターを上ってから、バンクtoバンクにねらいをつけてドロップイン、BtoBでファースト、そのまま小さいクォーターを上った。
 でここまではよかったんだが、この先のルーチィンを考えてなかった。
 そして体力的に厳しくなってきたんで、一休み、じゅんじゅんに突っ込みいれられて仕方なくドロップイン、BtoBでトップソウルを狙うが、失敗。またクォーターに上って体力温存。
 最後に540°失敗で、俺の裏権は、終わった。
 やっぱり体力は、あったほうが良いな。

 で、集計の合間にロングレール。
 今回のレールは、途中でカーブになっていて、最後は上りの凶悪なレール。
 みんなモリモリ漕いで、ガンガン攻める。
 で、俺となりなりの決勝になったんだが、なりなりは、怪我をしてるんで今回は、俺にもチャンスがあったんだが、プレッシャーに負けて、痛いミス。
 結局、またなりなりに負けた。(T_T)

 そのあとグラコン。
 朝倉さんと中村良太の一騎打ちで、中村良太の優勝。
 しかし、怪我で大会欠場した人が、何であんなに生き生きとグラインドしてるんだ?

 で、バート決勝。
 凄すぎて何がなんだか???
 なぜかワールドライダーの川崎鮎美が、来ていて優勝を掻っ攫って行った。
 この辺も裏権の凄いところだ。

 そして、ストリート決勝。
 本命のノブは、仕事のため帰ったんで、繰上げで、16位までが決勝進出したんだが、新潟県人は、誰も残れず。
 決勝は、すごい連中が、残ってすごいことやりまくったんだが、難しすぎてかけません。
 記憶に残ったのは、アツシ君のデザカインドとタカの烏賊解禁。
 それ以外は、よく覚えてません。m(__)m

 また、集計の間に今度は、ワンメイクコンテスト。
 金島総一郎の1080°着地失敗や、タカの人間離れした、ネガティブエアー、はんぺんのデザロック&逆上がりの2トリック、アツシ君のデザカインドなど、みんなマジで、やば過ぎるトリックの連発で、面白かった。

 そのあと、閉会式、じゃんけん大会で、裏権は幕を閉じた。
 やっぱり、裏権は、面白い!
 そりゃ日本最大の大会にもなるってもんだ!!

(今回は、かな〜り手抜きですんで、1部間違ってるところもあるやも知れません。
あくまでも俺の記憶のみで書いてるんで、そのあたりは、勘弁してください。)

Copyright© 2000-2002 by Takashi"Oyakata"Honma. all rights reserved.